展示会・見本市での交渉術
2012-12-07

展示会で気に入った商品が見つかったら、ブースを出展している業者に挨拶してから商談に入ります。

ただし、混雑している会場が多く、業者のスタッフ数は限られているので、すぐに商談に入れるとは限りません。

その場合はアポイントをとり、都合のよい時間に再び訪れて商談します。

 

展示会・見本市の会場で、出展している売り手業者との商談・交渉は最初に自己紹介から始めます。

まずは名刺を交換し、自社の事業内容、どんな商品を扱っているかを説明します。

ここで、自社の紹介パンフレットや取り扱い商品の写真、ネット商品のホームページをプリントアウトして提示

すれば、自社の事業が視覚的にも伝わり、会話だけで説明するよりも自社をアピールできます。

 

次に、関心を持った商品について話を聞いたり、これから発注しようと考えている商品の詳細、最少の発注個数、

支払い方法、輸送方法、保険などについて話し合い、疑問点を質問します。

なお、商談の際にわからない点があれば、その場で確認しましょう。わからない点をそのままにしておくと、

後々のトラブルの原因になるので、しっかりと聞くようにしてください。

 

また、注文する数量など、すぐに判断できない要件については、「ちょっと考えさせてください。」

「後でお返事します。」のように即答を避けたうえ後であらためて伝えるか、メールかファックスで

回答するとよい。






コメントを書く







コメント内容


▲このページの上部へ