輸入ビジネス
2013-01-17

在上海日本国総領事館メールマガジン

 

2013年1月17日

在上海日本国総領事館

 

中国各地で深刻な大気汚染が発生しています。上海市環境モニタリングセンターの
発表によると、一部観測ステーションで、16日16時現在、PM2.5の観測値が24
2ug/m3(5級、重度汚染)に達しました。同センターは、右汚染レベルが健康に与
える影響や対策について以下のとおり述べております。

 

1 健康に与える影響

(1)心臓や肺に疾患のある場合は、大気汚染による影響が著しくひどくなり、運動
耐性が低下する。

(2)健常者も、広く症状が現れる。

 

2 対策

(1)児童や高齢者及び肺や心臓に疾患のある方は室内に留まり、屋外での運動を中
止する。

(2)一般健常者は、屋外での運動をできるだけ少なくする。

 

大気汚染の状況は、風向き、気温等の気象条件によって日々変動するところ、邦人
の皆様におかれましては、下記「上海市環境モニタリングセンター」のリンクから最
新データを入手し、必要に応じて対策を取られるようお願いいたします。

(注:同ページの「健康への影響(中国語:対健康的影響、英語:Health
Effects)」部分を左クリックすると、各汚染レベル別の健康への影響の程度と対策
が表示されます)

 

http://www.semc.gov.cn/aqi/home/Index.aspx (中国語)

 

http://www.semc.gov.cn/aqi/home/English.aspx (英語)

 

*********************************************************************

在上海日本国総領事館メールマガジン

メールマガジンの登録内容変更・削除は以下よりお願い致します。

http://www.shanghai.cn.emb-japan.go.jp/

→「総領事館緊急メールマガジン」→「仮登録ページへ」へお進み下さい。

*********************************************************************

在上海日本国総領事館 [住所]上海市万山路8号

[Tel] 021-5257-4766  [Fax] 021-6278-8988

*********************************************************************



2013-01-14

国内で開催される展示会・見本市には、

一般の消費者とともに卸売業者や小売業者が集まってきます。

なかには各流通チャンネルのプロが一堂に会する展示会・見本市も珍しくありません。

そこで、より多くのお消費者に訴求していくには、

こうした会場のブースを借りて、海外で仕入れた商品の魅力を

流通業界の人たちにアピールする方法を検討してみてもよいでしょう。

多数の卸売り業者が未来のヒット商品を探している場に、

自らが扱う商品を展示するわけです。

来場した卸売業者やチェーンの小売店、あるいはスーパーマーケットや百貨店の担当者と

交渉がまとまれば、多数の店舗で販売する機会が生まれるので、ヒットが期待できます。

 

展示会や見本市は、商品の分野によって様々なテーマで開催されています。

そのため、輸入品を扱う業者が少ない展示会のときは

国内の商品にはない希少性をアピールできますし、輸入品を中心とした展示会では

海外の商品の幅広さや企画・開発されたエピソードを伝えるようにしましょう。

 

展示会のブースに出展するには、主催する事務局に参加申し込み、

それが受理された段階で出展の申込金を納付します。

ブースの位置が決定した後、出展費用の残金を支払い、開催日を迎えるわけです。

 

【自社のブースを出展する手順の基本パターン】

①商品に最適な展示会・見本市を調査

②主催者に資料を請求

③出展の規模(ブースの広さ)を決定

④出展を申請

⑤抽選で出展ブースが決定

⑥ブース内の装飾、商品レイアウトを決定

⑦招待客を選定して招待状を発送

⑧会場で商品を紹介する

 

 

展示会では、ブース代にくわえ、その他の出展費用としてパンフレット代、

商品サンプル代などがかかるため、事前に出展のために費用を予算化してください。

 

【商品の販売に必要な経費】

・輸入前の段階でサンプルを取り寄せ市場調査をする費用

・カタログ、商品説明書、取扱説明書などを作成する印刷費

・商品を小分けして別包装にするパッケージ料など

・出荷のために梱包、輸送費

・輸送保険料

・大きな商品では倉庫保管料

・サンプルやちらしの配布、ダイレクトメール(DM)などの販売促進費



2013-01-11

店舗を持っていない場合、少ない資金力で直販体制を築くのであれば、ネットショップが最適です。

輸入品を取り扱うネットショップをオープンするメリット

・他のネットショップにない希少性の高い商品をアピールできる

・動画などで商品が魅力的に見える工夫ができる

ただし、ネットショップで輸入品を販売する場合は注意が必要になります。

例)認許可が必要な商品(酒類・医薬品等)

特に酒類は店舗販売とは別の「通信販売酒類小売業免許」が必要です。

また、ネットショップでの販売通信販売の一種なので、「特定商取引に関する法律」

適用されます。弊社を例であげますと、こちらのページになります。



2013-01-11

輸入ビジネスにおいて、最も効率良く利益率を実現出来るのは輸入から

販売までをトータルに事業化している小売店やネットショップ等の直販です。

自ら直輸入・直販体制を築いている為、卸売する場合などに比べると大きな利幅を確保できます。

小売店が輸入ビジネスに参入して海外から商品を仕入れる場合は、現状の品揃えの隙間に入る

商品品揃えの軸となる商品を仕入れると、消費者に訴求しやすくなります。

また、卸売に比べ流通経費を抑えられるため、販売価格を少し低くしても利幅が出るので

他社との価格競争にも対応できます。

※現段階では、タオバオ(淘宝)アリババチャイナ等の中国のショッピングモール

中国の口座等が必要な為、タオバオ(淘宝)代行業者等を通して仕入れた方が確実です!



2013-01-10

インフルエンザの季節です。

予防注射は必ず受けるようにして下さい。体あっての仕事です!!

 

本日来た在中国日本国大使館からのお知らせ

 

 

北京市におけるインフルエンザの流行について

 

2013年1月10日

在中国日本大使館

 

北京市疾病コントロールセンター(CDC)は、北京市においてインフルエンザ(H1N1※及びH3N2)が流行しており、2名の方が死亡した旨発表をしました。

昨年12月以来患者が増加しており、今後一定期間このような状況が続くとされております。

在留邦人の皆様方におかれては、手洗い、うがいの励行、及び外出時に人混みに入る場合のマスクの着用等の感染防止対策の徹底をお勧めします。

 

※ 2009年に流行した新型インフルエンザと同じH1N1ですが、現在、季節性インフルエンザとして取り扱われております。

 

(参考)

○北京市疾病コントロールセンタ―(CDC)

http://210.75.207.181

 

○インフルエンザQ&A(厚生労働省HP)

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html

 

******************************************************************

本メールに返信することは出来ません。

メール配信の中止や配信先メールアドレスの変更は、

こちらをクリックして手続きをして下さい。

http://www.mailmz.emb-japan.go.jp/cgi-bin/cmd/index.cgi?emb=cn

ご意見やご提案については、こちらへアクセスして下さい。

http://www.cn.emb-japan.go.jp/aboutus_j.htm

【在中国日本国大使館】

******************************************************************



« Older Entries
▲このページの上部へ