2014-01-13
現時点では,鳥インフルエンザA(H7N9)について、ヒト-ヒト感染の情報はありませんが、昨年秋以降、中国南方を中心に散発的な発生が続いています。特に、昨年末から今年に入って以降、南方での感染者数が増加していますので、引き続き以下の注意事項を参考にご注意ください。

●生きた鳥を扱う市場や家禽飼育場への立入を避ける。

●死んだ鳥や放し飼いの家禽との接触を避ける。

●鳥の排泄物に汚染された物との接触を避ける。

●手洗い,うがいにつとめ,衛生管理を心がける。

●外出する場合には,人混みは出来るだけ避け,人混みではマスクをする等の対策を心がける。

●突然の発熱や咳など,呼吸器感染症の症状が現れた場合には,速やかに最寄りの医療機関を受診する。

○鳥インフルエンザA(H7N9)のヒト感染症例について

先月20日から1月10日までに上海市,広東省,江蘇省,及び香港において,新たに計9名のA(H7N9)感染症例の報告がありました。また、以前に報告された感染者のうち,香港で感染確認された広東省深圳市在住80歳男性と広東省東莞市感染者1名、計2名が死亡したとのことです。

※感染者が確認された都市(括弧内は感染者数)

:上海市(1名)、広東省深圳市(1名)、同佛山市(3名)、江蘇省南京市(1名)香港特別区深水ポ(※土へんに歩)(1名)、浙江省嘉興市(1名)、同寧波市(1名)

○鳥インフルエンザH5N1について

(1)カナダ政府は8日、アルバータ州住民1人がH5N1のため死亡したと発表しました。患者は、先月27日、北京からカナダに戻る機内で発熱などを訴え、その後、1月1日に入院、同3日に死亡していたということです。

カナダ政府は、中国側と連携し感染経路などを調べるとともに、中国への渡航者に対し鳥との接触を避けるよう注意を呼びかけています。

(2)中国政府は10日の記者会見において、具体的な状況につき事実確認を進めているとしており、引き続き情報収集に努めています。

○ご留意ください

特に感染症例が確認されている地域に滞在中の方及び渡航・滞在を予定されている方は,在中国大使館及び各総領事館等のホームページを含め,最新情報を随時確認の上,前述の注意事項を参考に行動することをお勧めします。

○参考情報:

・昨年3月末から今年1月10日までのA(H7N9)のヒト感染症例:162名(内死亡49名)

・鳥インフルエンザA(H7N9)感染者数の多い地区(括弧内は感染者数)

:江蘇省(30名)、上海市(34名)、浙江省(55名)、広東省(12名)、江西省(6名)、福建省(5名)

(問い合わせ窓口)

○在中国日本国大使館 領事部

電話:8531-9800 FAX:6532-7081

ホームページ:http://www.cn.emb-japan.go.jp/index_j.htm

(その他現地公館ホームページ)

○在上海日本国総領事館 ホームページ:http://www.shanghai.cn.emb-japan.go.jp/

○在広州日本国総領事館 ホームページ:http://www.guangzhou.cn.emb-japan.go.jp/

○在香港日本国総領事館 ホームページ:http://www.hk.emb-japan.go.jp/

○交流協会台北事務所  ホームページ:http://www.koryu.or.jp/taipei/

○交流協会高雄事務所  ホームページ:http://www.koryu.or.jp/kaohsiung/



2014-01-07

中国には、長江を挟んで北と南では性格が違うように思います。

・北の人は、保守的で権力志向

・南の人は、実利的で進取に気性に営む

 

長江以北、黄河沿岸を含む中原の黄土文化圏では、

寒さが厳しく、風沙が吹きすさぶ、広大な荒れ地等の自然条件が

➡保守的・精神的・閉鎖的・政治的・権力志向の気性を生み出した

 

長江以南

気候が温暖で、多耕作等という風土が

➡進取の気性に営み、冒険的・実利的・開放的という気性を生み出した



2014-01-06

明けましておめでとうございます!本年も宜しくお願い致します。

今年の目標は、ブログを定期的に更新するですね!

午年にちなんで、何事もうまく行くと思っております。

早速ですが、弊社のHPはさくらサーバを使用しております。

度々、下記の様にエラーが発生します。。。

Internal Server Error

The server encountered an internal error or misconfiguration and was unable to complete your request.

Please contact the server administrator, support@sakura.ad.jp and inform them of the time the error occurred, and anything you might have done that may have caused the error.

More information about this error may be available in the server error log.

謎ですね・・・

パソコン素人ですので、かなり致命的ですよ。。

度々頻繁に発生するので、サーバを移転しようと考えております。

皆様には、ご迷惑をお掛けすると思いますが宜しくお願い致します。



2013-10-01

弊社スタッフが中国の福建省南東部にある廈門(Xiàmén)に行ってきました。

日本を含め一部の国ではアモイ(Amoy)と呼ばれています。

 

 海の美しい町だそうです。

Xiamen

写真:Wikitrave

 

 

 

 

 

 

 

そこで手より大きなマンゴーを見つけ購入したそうです。

マンゴー 2マンゴー 1

 

 

 

 

 

 

とても大きいですね…

中国で買う南国系の果物はとても甘くて美味しいので、味の方が気になります♪



2013-09-26

世界経済トピックを纏めました。

 

【欧州経済】

・ユーロ圏の4-6月期GDP成長率は 前期比+0.3%と予想を上振れした。

・内訳は未発表だが、7四半期ぶり のプラス成長には個人消費と政府 消費が貢献したと推測される。

・ユーロ圏が本格回復するには、” 輸出拡大が国内投資の回復につ ながる”というもう一つの動きが必要である。

その兆候は現在限定的。

 

【中国経済】

・経済減速に歯止めの兆しがみられている。

・内需は底堅く、製造業は横ばいであるがインフラ向けが好調。

・外需の回復があげられ、7月は輸出先別にみると

EU向け+2.8%(6月▲7.8%)、米 国向け+5.3%( 6月▲5.4%)、日本向け ▲2.0%( 6月▲5.1%)、ASEAN向け +21.3%(+10.2%)と

伸び率を高めている。

 

【米国・ブラジル経済】

・米国は、個人消費は雇用・所得環境の改 善や資産価格の上昇によって引き続き底 堅さを保ち、住宅市場の堅調さにも変わ り はない。企業部門では出遅れていた 製造業での回復期待感が強まっている。 財政支出が成長の足かせとなり、個人消費 と住 宅投資が経済全体を下支えするメイン シナリオに変更はない。

・ブラジルは、内需への不安があり、消費の 早期回復は期待しにくい。現在期待される米 国経済が持ち直しとなれば、外需回復 を受 け、景気回復(2014年通年ベース成長率回復)を見込める。

 

【アジア経済】

・インドの成長率は減衰、リーマンショック直 後の2009年1-3月期(3.5%)以来の低さと なった(2013年4-6月期4.4)。主因として は 製造業の減速があげられる。

・インドネシアの成長率は減速傾向。一方、 在庫投資が縮小しているため今後生産拡 大に対してプラス要因といえる。

消費につ いてはインフレ率上昇による実質所得低下 がマイナス要因として挙げられ依然経済状 況は減速し続ける可能性が高い。

・ ベトナムでは消費は堅調で、製造業では わずかではあるが鉱工業生産の伸びを加 速。

一方、金融市場混乱を受けている新興 国需要減少がマイナス要因として働いた。

 

【日本経済】

・2013年4-6月期GDP統計は一次速報より上 方修正される見通し。

大和総研では、設備 投資は前期比+0.9%(一次速報:▲0.1%) と6四半期ぶりの増加に転じる見込み。

公 共投資についても上方修正される見通し。

・低水準の売り上げが続く中、変動費率の低 下、人件費などの固定費の削減が経常利 益を押し上げた格好となった。

参考:大和総研



▲このページの上部へ